業界初!愛犬と一緒に試験を受ける検定の登場です。

出題範囲・合格基準

【WEB筆記試験】

試験問題の80%以上の正解で合格です。

【実技合格基準】

実技の製作方法は例えばしつけする人もいればピンを打つ人もいて、過程は評価せずに、完成品を客観的に評価する方式を取っております。

脱げづらくて、きつ過ぎない適切なゆとり量が洋服に入っている。綺麗な縫製。地の目を通した正しい裁断。マスターパターンからデザイン物へ立体を理解したうえで行う型紙アレンジ。時間内に製作が出来る。

と言った犬服作りに大切な要素を理解してお作り頂きましたら合格になります。

型紙の展開、サイズ修正は受験者が日々行っている方式や勉強されている方式で自由に行えることに留意して試験テーマを出題し、採点の基準を決めております。

【初級出題範囲】

犬のサイズの基礎知識、糸と針の基礎知識、ミシンの基礎知識、ニット生地の基礎知識、洋裁道具の基礎知識、基本体型の型紙のサイズ修正、縫い代付け、型紙の名称

基本のタンクトップ、ラグランTシャツ、セットインスリーブTシャツ

【中級出題範囲】

接着芯の基礎知識、布帛生地の基礎知識、きせについての基礎知識、フライス始末とパイピング始末の混合の洋服の型紙作成、裏付きの洋服、ゴム入りパターン作成、セットインスリーブの型紙アレンジ、パターンのゆとりについて

パンツ、シャツ、ワンピース、裏付きアウター、ロンパース、ボートネックTシャツ、ポロシャツ、ベッド、スリング

【上級出題範囲】

ファスナーの基礎知識と使い方、ファーなど特殊素材の基礎知識、生地の基礎知識、衣装の型紙作成、サイズ展開、

総裏アウター類、フライス付きのリバーシブルアウター、裏付き袖ありアウター、ジップアップアウター、オーバーオール、ダッフルコート、袴、着物、キャリーバッグ

【エキスパート出題範囲】

特殊素材の洋服、型紙のアレンジの難易度が高い洋服、付属品の使い方、比翼開き、テーラードカラーの作図、重ね着するときの型紙のサイズ展開について

ダウンジャケット、重ね着風ロンパースなどの重ね着風の洋服、